会員登録限定クーポン

カテゴリから探す

menu

全てヤマト運輸でお届け!多彩な決済方法も!

LINE@と自動翻訳

menu

menu

menu

人気ランキング

menu

お気軽にお問い合わせください

menu

お電話でもご注文いただけます

menu

QRコード

営業日カレンダー

menu

夏だけじゃない!秋バテに効く漢方特集

秋バテに効く漢方特集

秋になって体が重だるいと訴える原因は、1日の寒暖の差や秋に多い台風の通過による気圧の変化、飲食不節などです。秋バテになると疲れやすい、食欲が出ない、肩こりや頭痛がする、なかなか眠れないなどの症状が出ます。

その他の秋の特集はこちら

秋バテの症状

秋バテチェックをしてみましょう!

突然ですが、下記のチェックリストにチェックを入れてみてください。この季節にこんな症状が見られる場合、それは秋バテかもしれません。夏から冬へ移り変わる秋は寒暖の差も激しく、台風による気圧の変化も大きいことから秋特有の体のだるさなどを引き起こします。

この症状、秋バテかも?チェックリスト

寒暖の差や気圧の変化によって起きる「秋バテ」

このような秋バテの症状は、中医学で言う「痰湿」が原因で起きる症状と同じです。
痰湿が生まれる原因は、脾虚生痰と言って脾胃の働きが悪いために痰湿を生産することです。つまり、冷たいものや生ものの食べ過ぎや偏食が続くと、からだの中が冷え、脾胃の働きが停滞するため、有害な水分である痰湿が生まれます。このとき、寒い風にあたるなどしてからだが冷えると、体の表面と内臓がともに冷えます。そのため肺や脾胃の働きがさらに妨げられて水湿が増え、気や血の流れが滞るようになります。

痰質は、粘る性質を持つ不要な液体で、湿気の様なものです。痰湿をかかえこんだ時にでる主な症状は軟便、下痢、体が重だるい、頭重、頭痛、関節痛、胃もたれがする、便がべっとりとする、むくみ(浮腫)、口内炎ができる、口のなかがべたつく、口臭がある、手足がだるい、生理の量が多かったり止まりにくい、皮膚の色が黄色っぽいなどの症状がでてきます。脾を悪くする原因は、飲食不節、ストレス、身体の冷えです。治療法は脾胃の働きを正常に整え、痰湿を取り除くことです。

秋バテによって起きる症状

平胃散(へいいさん)

平胃散(へいいさん)

胃腸の余分な水分をさばき消火器を元気にします

食欲はあるけれども、胃のつかえ感があり、みぞおちあたりが硬くなって押さえるとうずき、卵が腐ったようなにおいのするゲップ・胸やけ・酸っぱい水がこみ上げる・吐き気・嘔吐・便秘などの症状に使用します。舌のこけが厚い人や口臭が気になる人は二陳湯との併用をお勧めします。

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

軟便・下痢によく効きます

食べ過ぎ・飲み過ぎのため、みぞおちのあたりがつかえたりします。また、この処方の合う人は、食べ過ぎ、飲みすぎでみぞおちのあたりがつかえ、軟便や下痢傾向にある人に使用します。

療方健脾顆粒(りょうほうけんぴかりゅう)

療方健脾顆粒(りょうほうけんぴかりゅう)

胃腸虚弱者に用いる漢方です

元々消化器が弱い人で疲れがとれない人に用います。特に食欲不振があって胃もたれの症状が強い人には胃腸の働きを活発にして食欲を増進させる効果があり、食欲が回復します。
療方健脾顆粒はやせ型で顔色が悪く、疲れやすい人、体力が低下して胃腸機能が衰えている人に向いている漢方です。脾虚生痰を改善する代表治療薬です。

五積散(ごしゃくさん)

五積散(ごしゃくさん)

からだの重だるさを取り除きます

からだの表面を温めて冷えを取り除くとともに、脾胃を温めてはたらきを回復し、冷えや有害な水分を除いて気や血の流れを回復させます。湿をさばくことによって重だるさはもちろん、冷えによる身体の重だるい痛みも取り除きます。

療方昇陽顆粒(りょうほうしょうようかりゅう)

療方昇陽顆粒(りょうほうしょうようかりゅう)

「気」を補う代表的な処方です

疲労倦怠感の原因としてまず考えられるのは、「気」というエネルギー不足です。この処方は、気を補う代表的処方です。元気がなく胃腸の働きが衰えて疲れやすい方の疲労倦怠、食欲不振などに効果があります。

逍遥散(しょうようさん)

逍遥散(しょうようさん)

女性の体のお悩みにはこちら

便秘や下痢・軟便を繰り返したり、イライラ・憂鬱・頭痛・胸の脇の張りを伴うストレスが原因の胃のつかえの改善に使用します。女性では、月経異常があったり、生理前に胸が張る症状があります。ストレスに弱いと思う方は一度お試しに。

人参湯(にんじんとう)

人参湯(にんじんとう)

手足などが冷えやすい方に向いている漢方です

みぞおちがつかえ、口の中に薄いツバがたまりやすく、口角からツバが出て、手足が冷え、胃腸が弱くて下痢をするタイプの疲れに用います。手のひらで直接お腹をさわって冷たいところがある人にはぴったりです。

加味帰脾湯(かみきひとう)

加味帰脾湯(かみきひとう)

貧血や不眠症、精神不安など、心身の疲れに

顔色が悪く、不眠や不安、胃腸虚弱で元気がない人の疲労に使用します。疲労が溜まった精神状態を整え、憂うつ症状や不安感のある神経症などを改善していきます。

ページの上部に戻る

Copyright © Nagae Pharmacy Kugahara All rights reserved.