会員登録限定クーポン

カテゴリから探す

menu

全てヤマト運輸でお届け!多彩な決済方法も!

LINE@と自動翻訳

menu

menu

menu

人気ランキング

menu

お気軽にお問い合わせください

menu

お電話でもご注文いただけます

menu

QRコード

営業日カレンダー

menu

漢方相談

漢方薬を有効に使うために、自分に合った漢方薬を選ぶには

食習慣や性格、生活環境や家族の病歴などから、ふだんからバランスをくずしやすい傾向を知ることができます。自分の傾向を知っておくと、痛気にかかったとき、自分に合った漢方薬をすぐに選ぶことができますし、予防にもつながります。漢方薬は、漢方の考え方にしたがって使うことがたいせつです。

病気になったときは、まず自覚症状を主張することがたいせつです。問診は、漢方薬を選ぶための重要な手がかりになるからです。もし、現代医学のように「この病気にはこの薬」といったかたちで漢方薬を使うと、その場しのぎ的な使い方になり、漢方薬の有効性を十分に生かすことができません。 。

からだや病気の状態に合わせて、漢方薬を使い分けるからだや病気の状態は、絶えず変化しています。からだや病気の状態が変わったら、漢方薬も変えることがたいせつです。しかし、自分で判断するのは、なかなか難しいもの。むだなく経済的に漢方薬を選ぶためにも、やはり専門家のアドバイスを受けましょう。

漢方薬の相談は お気軽に

漢方薬の相談はいろいろな方法で受け付けています。

ただ、やはり漢方薬を選定するためには、服用される方と直接お会いすることで より適切な判断ができます。 できれば 予約の上ご来店頂くことをお勧めします。

漢方相談受付フォーム

ページの上部に戻る

Copyright © Nagae Pharmacy Kugahara All rights reserved.