会員登録限定クーポン

カテゴリから探す

menu


ナガエ薬局ブログ

menu

全てヤマト運輸でお届け!多彩な決済方法も!

LINE@と自動翻訳

menu

menu

menu

人気ランキング

menu

お気軽にお問い合わせください

menu

お電話でもご注文いただけます

menu

QRコード

営業日カレンダー

menu

漢方で解決!夏のお悩み特集

夏のお悩み特集

夏は成長の季節で、天地間に陰陽の気が盛んに交流します。陽気が多く発生するので全ての生き物がどんどん成長していきます。また、夏は血液の循環が非常に盛んになり、心臓が一番働く季節ですが、同時に心臓の負担も多くなります。夏の暑さを調節できないでいると、血液の温度も上がり心臓に負担が生じ心臓の正常な活動が妨げられます。

お勧め商品はこちら

真夏の暑さと「気」の関係

「暑さ」が体に及ぼす影響

真夏の暑さは人間の体に様々な影響を及ぼします。血液が熱されるとのぼせが起きたり、暑くなることで体温調節をしますが、うまくいかないとあせもや皮膚炎が起こります。

血液が熱を持つことで不眠やのぼせがおきます

血液が熱をもつと血熱となり、のぼせがおきたり、いらいらしたり、眠れなくなったりしてきます。さらに、血熱が強くなると頭痛がしたり、ふらつきが激しくなったり、熱中症の症状がおき、命まで危うくなってきます。

体温調節と「気」の関係

人間は、暑くなると汗をかき、寒いときは体を冷やさないように、毛穴を閉じ体温調整するメカニズムが備わっています。これに大きく係わってくるのが「気」です。中でも、気の一つである温煦作用(おんくさよう)が大きく関わってきます。気の充実には消化器と呼吸器が大変重要な役割をもっていて、この働きが弱いと気の不足が生じてきます。
また、体温調節は、毛穴の開閉によって行われますが、毛穴が開いたまま閉じない状態が生じると、汗が止まらず脱水をおこします。さらに、毛穴の開閉がうまくいかず汗が詰まってくると汗疹となり皮膚炎を起こしてきます。

体温調節と「気」の関係

対策方法

夜は遅く寝てもかまわないのですが、朝は早く起き活動することです。また、暑いからと言って冷たい飲食を過剰にとったり、冷房の部屋に長時間いたりすることは避けましょう。 消化吸収のよい食事をとり、睡眠を十分とるようにしてください。

夏風邪

夏場は暑邪・湿邪・火邪(熱邪)が影響します

夏風邪は、アデノウィルス・エンテロウイルスが有名で、のどが痛くなったり、お腹の調子が悪くなったりします。
また、中医では生活環境が人体に与える影響を非常に 重視しています。気候の変化が異常な場合や、人体が抵抗力を無くしたときには、風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪(熱邪)という六淫が邪気となって人体に障害を与えますが、夏場は暑邪・湿邪・火邪(熱邪)が中心となります。暑い・湿気が強い為に抵抗力をなくし暑邪・湿邪・火邪(熱邪)が体内に侵入し、咽痛・下痢・発熱・ほてり などを伴う風邪の症状が起きます。

夏風邪

銀翹散(ぎんぎょうさん)

銀翹散(ぎんぎょうさん)

のどの痛み、口の渇きに

漢方では、「風熱」の邪(原因)が、口や鼻から入って体表や肺などを傷つけると考えられています。暖かい空気が上に上るように、「風熱」の邪は身体の上部に留まり、鼻が乾燥したりのどに炎症を与えたり、頭痛といった症状が現れます。また、熱によって水分も消耗させるので口が渇いたりもします。
「銀翹散」は、のどや体表の炎症を冷やしながら「風熱」の邪を追い払い、かぜによる喉の痛みに効果を現します。

霍香正気散(かっこうしょうきさん)

霍香正気散(かっこうしょうきさん)

夏風邪の代表処方として有名な処方です

霍香正気散は、暑さや冷たい飲食物をとり過ぎて働きの悪くなった胃腸を癒し、食欲不振などを改善することができます。
夏場の冷え対策として、強く温める漢方薬よりも温めすぎない程度の漢方薬がこの処方です。また、胃の中にたまった水分を取り去る作用のある生薬などが含まれているので、胃腸の余分な水を除いたり、その働きを改善したりする夏に適した風邪薬と言うことです。寝冷えで食欲不振・下痢などが続く方は、夏の間胃腸薬として服用されるとよいでしょう。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

のどの渇きとほてりを改善します

この漢方は喉の痛みが強く、風邪を引いてから数日経った時に使用します。冷たいものをほしがり、冷水を飲むと気持ちよく、体がほてる症状におすすめの漢方薬です。高熱・熱射病・咽痛・熱中症・熱中症予防など、上記の症状があればとってもよく効きます。夏場のゴルフは危険ですが、参加する際には白虎加人参湯をしのばせて行くと良いかもしれません。




夏場の頭痛

夏の頭痛の原因は血熱・気虚・
湿がほとんどです

夏場特有の頭痛をおこす原因は、血熱・気虚・湿がほとんどです。外気温が高いために体が熱くなり、体表部の熱によって発汗過多となり、さらに体に必要な水分(津液:しんえき)が不足した結果、症状として口渇・ほてりの症状が出てきます。また、気の不足も同時に起きますので、鎮痛剤の効果がなく、睡眠をとる方が改善する場合がほとんどですが、漢方でも口渇やほてりを改善することができます。

「湿」が体に及ぼす影響

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

のどの渇きとほてりを改善します

症状として、お腹がすぐ減り多食な方、喉が熱を持ってかわき、冷たいものを飲みたがり体がほてる方に使用します。他に何度も小便をする・顔面が赤く暑いのを嫌う・肌の色が悪いなどの症状にも使用できます。口渇・ほてりが改善されたら、療方昇陽顆粒を服用しながらビイレバーキングなどの栄養剤を飲まれることをおすすめします。

療方調流顆粒(りょうほうちょうりゅうかりゅう)

療方調流顆粒(りょうほうちょうりゅうかりゅう)

水を飲んでも渇きが癒されず、吐き気を伴う頭痛に

水分の補給をするのですが、飲んでも喉の渇きはとれず、いつまでも吐き気が改善されず、吐くと同時に頭痛がしてくることがあります。この状態は、いくら水を飲んでも喉の渇きは改善せず、吐き気をともない頭痛を起こします。そんな症状にはこちらの漢方をおすすめいたします。白虎加人参湯との違いは、冷水をのんで気持ち悪いか気持ちよいかの違いです。さらに、口渇・小便不利の状態にも用います。

こんな症状が見られたら…

眠れない・意識が朦朧としうわごとを言うような状態は危険です。牛黄清心丸黄連解毒湯の併用をし、状況によっては病院へ行ってください。
また、夏に暑くて眠れない状態が続く方は、牛黄清心丸感應丸をおすすめします。



夏の不眠

夏は心臓が活発に動き寝苦しさを引き起こします

夏場は血液の循環が非常に盛んになり、心臓が一番働く季節ですが、心臓の負担も多くなります。そのために多少皆さんの心の亢進が生じやすくなりますので、蒸し暑いと健常人でも寝苦しくなってきます。これは、軽く血熱となり心の正常な活動ができにくくなるからです。
冷房を軽くかけ温度調節がうまくいけば、軽く発汗したりして血熱にならないのでよく寝られます。
また、血熱が引き起こすその他の症状としては、のぼせがおきたり、いらいらしたり、眠れなくなったりしてきます。

夏の不眠


柴胡加龍骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

柴胡加龍骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

心を落ち着かせ、脳の興奮からくる不眠を改善します

日頃のストレスなどの発散がうまくいかず、気のめぐりが悪くなり内部熱が生じ、外気の暑さによってさらに加熱され、心火が強くなり不眠を生じます。この漢方薬は、気をめぐらせ、体にこもった熱を冷ますとともに、心を落ち着かせる処方で、脳の興奮からくる不眠を改善します。また、ストレスをとり除き、自律神経を安定させます。

加味温胆湯(かみうんたんとう)

加味温胆湯(かみうんたんとう)

胃腸が弱い方の不眠症対策に

加味温胆湯は、気を調節して痰を除き、痰熱を冷まし消化器の活動を正常にし、化熱された痰湿を取り除き不眠や神経症を改善していきます。元々胃腸が弱く、特に夏場に胃腸機能が衰え外気の暑さや日常のストレスなどによって、体に抱え込んでいる湿や痰が化熱されその影響が心に及んで心の正常な活動が妨げられ起きる不眠症や神経症の症状に使用します。

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

黄連解毒湯(おうれんげどくとう)

顔がのぼせ、熱感があり、落ち着かない時に

黄連解毒湯は、苦い成分で血熱を冷まし心の活動を正常化し不眠を改善していきます。外気温と元々からもっている体の内部熱によって血熱が生じた不眠症に使用します。眼が赤い・血圧が高い・イライラするなどの症状にも使用できます。

加味帰脾湯(かみきひとう)

加味帰脾湯(かみきひとう)

虚弱体質、貧血気味、疲れやすい人に向く処方です

元々胃腸の働きが悪く不眠傾向にあった方が、暑邪の影響を受け消化器の働きがますます悪くなり血不足がさらに進み浅い眠りが続くようになります。そんな時は加味帰脾湯を使用することで、消化器を元気にしながら気血を補い、軽い血熱を冷まし不眠を改善していきます。

汗疹・あせも

夏場のあせもや皮膚炎は、汗の出口が詰まり
皮膚に汗がたまることで起こります

汗疹は、気温や湿度が高い環境でよくみられます。汗疹とはいわゆるあせものことで、汗の出口が詰まり、皮膚の表皮や真皮の中に汗がたまって水疱や丘疹ができる病気です。乳児期には、条件が揃えば冬でもみられます。汗を出す腺(エクリン腺)の出口が詰まったために、皮膚の表面に出てこられなかった汗が皮膚の中に破れ出るのが原因です。気温や湿度が高い環境や、高熱などで体温が上昇し、過剰に汗をかくことも原因となります。また体質的に多汗症の人にできやすいものです。あせもには大きく分けて赤みのない水晶様汗疹と、赤みをおびた紅色汗疹とがあります。
中医学では、消化器(脾)と呼吸器(肺)を元気にしながら治療していきます。脾は肌肉を主り、肺は皮毛を主ります。皮膚の再生能力は脾にあり肺は毛穴の開閉に大きく関与しています。

あせもができやすい人は多汗症の人に多いですが、その原因は皮毛の開閉が正常にできないからです。
また、外気温によって体表部が刺激されたり、体の内部熱をさらに強くしたりすることによって毛穴の開閉が正常に行かなくなります。さらに、脾の働きが悪いと体に余分な水分である湿を抱え込んでしまいます。肺は気の温煦・推動作用に関与していますので、脾が弱ければ肺も弱くなり気の不足が生じてしまいます。この湿が、皮膚表面の新陳代謝を悪くしてあせもができます。
漢方治療は、あせものできる病因・病機をとりのぞきながら皮毛の開閉を正常にすることを行います。

汗疹・あせも



防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)

皮膚の色が白く、汗かきの人にはとってもよく効きます

水太りの人に使用する代表的漢方薬です。食欲がなく多く食べない、ぽっちゃりと肥満、汗かき・色白・疲れやすく元気がない・痰が多い・むくみなどの症状に使用できます。
汗かきの体質を改善し皮毛の開閉を正常にしながらあせもを改善していきます。

消風散(しょうふうさん)

消風散(しょうふうさん)

痒みがある皮膚病に使用されます

痒みがある皮膚病で、ジュクジュク感や赤みがある場合に適しますので、あせも・アトピー性皮膚炎・じんましんなどに使用されます。局所の発赤と熱感・滲出液が多いあるいは水疱・体のほてりや熱感・口渇などがみられます。

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)

カユミが強く、全身に広がりやすい湿疹に

患部に局所的灼熱感を感じたり、体内に熱がこもった感じがあり、夏場や暑い時期に汗をかくと汗が刺激となって症状を悪化するあせもに使用します。痒みが非常に強いために、掻きすぎた皮膚の傷口からバイ菌が侵入してリンパ節が腫れて患部が赤く厚くなっている場合もあります。

ページの上部に戻る

Copyright © Nagae Pharmacy Kugahara All rights reserved.