会員登録限定クーポン

カテゴリから探す

menu

全てヤマト運輸でお届け!多彩な決済方法も!

LINE@と自動翻訳

menu

menu

menu

人気ランキング

menu

お気軽にお問い合わせください

menu

お電話でもご注文いただけます

menu

QRコード

営業日カレンダー

menu

梅雨のお悩み特集

梅雨のお悩み特集

中国医学では、生活環境が人体に与える影響を非常に重視しています。気候の変化が異常な場合や、人体が抵抗力を無くしたときには、風邪・寒邪・暑邪・湿邪・燥邪・火邪(熱邪)という六淫が邪気となって人体に障害を与えます。中でも、梅雨の時期には湿邪が人体に影響を与えます。

お勧め商品はこちら

梅雨と「湿邪」の関係

「湿」が体に及ぼす影響

梅雨の時期は、一年の中でも特に湿気が強い時期ですが、その「湿」が体に及ぼす様々な影響についてのご説明を紹介いたします。

「湿」が体に及ぼす影響

そもそも「湿」とは

湿とは六淫の一つ、湿邪の事で、日本でも湿気と呼ばれています。湿には「外湿」と「内湿」があり、「外湿」が体にもたらす影響には、頭が重い・胸苦しい・腰がだるい・四肢がだるい・口渇がない・四肢の関節痛・固定性の疼痛などがあります。「内湿」は、胃の不調などを引き起こします。

「湿」が溜まると体が重くだるくなります

湿が体表部に侵入すると身体や四肢が重くだるくなり、関節にたまると重く痛んで動作が障害され、分泌物や排泄物も濁って汚いものになってしまいます。また、 湿濁は粘着性が強く、湿邪に犯されると分泌物や排泄物がべとついたり、大小便の切れが悪くなかなか拭き取れない、などの症状があらわれます。

さらに、湿は重く粘滞性の性質を持つので、気血の運行を妨げます。一番顕著な症状は、胃部のつかえ感・嘔吐・大小便がすっきり出ないなどの症状があらわれます。

「湿」が持つ体を冷やす作用が、消化器の働きを悪くします

湿は、体を冷やす作用があり特に消化器の働きを悪くし、下痢・尿量減少、さらには水腫やお腹に水が溜まる腹水などの症状があらわれます。日頃から、冷たいものや生ものの食べすぎや偏食がつづくと、からだの中が冷え、脾胃のはたらきが停滞するため、有害な水分である水湿が生まれます。今の時代は、冷蔵庫の発達でいつでも冷たい物がとれますので、季節にあった飲食をする必要があります。

「湿」が体に及ぼす影響

梅雨の関節痛

梅雨の関節痛は湿邪が原因!

中医の病名である「痺症」は、風邪を引くときと同じように疲れたり元気がなくなったときに、六淫の侵入によって引き起こされます。しかし、六淫の中でも、風・寒・湿の三気の影響を受けて発症するとされていますが、現在の日本における痺症は、湿邪が中心です。

湿邪の侵入のため気の運行障害が起こり、気血が滞ると、重だるい痛みが現れます。また気血の流れる道に支障がおきると、痛みややけいれんを起こします。湿邪の寒化や寒湿の感受により、膝や腰に寒湿が留まり気血を阻滞すると、やや強い痛みを発生します。

梅雨の関節痛は湿邪が原因!

梅雨の関節痛は湿邪が原因!

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

疎経活血湯(そけいかっけつとう)

こんな症状の方にオススメです

下肢の後側まで刺すように痛んだり切れるような痛みがあり、圧痛もひどい症状に使用します。その他、下肢のしびれ、夜間になると痛みがひどくて目が覚める症状もあります。

五積散(ごしゃくさん)

五積散(ごしゃくさん)

こんな症状の方にオススメです

冷え症の人の持続性鈍痛に使用します。下肢の痛みは臀部や下肢の後面に現れ、寒くなると症状が悪化し、温めると楽になります。長時間冷房にあたったり、冬の寒さで起こる痛みやしびれにお悩みの方、下半身(特に膝や腰)が冷えて痛む方、胃腸が冷えて弱く、鎮痛薬で胃が荒れる方におすすめです。

薏苡仁湯(よくいにんとう)

薏苡仁湯(よくいにんとう)

こんな症状の方にオススメです

日本は湿の影響が大きく痛みを引き起こします。湿を除いて運動障害を改善し、神経痛やリウマチなどに用います。手足のしこり、疼痛、痺れや感覚の麻痺、曲げ伸ばしにくいものを治療します。腫れてやや長びいたり、関節の曲げ伸ばしかしにくい方、雨の日に悪化しやすい五十肩や腰痛などにお悩みの方、下肢の重だるさやしびれ、膝に水が溜まる方にお薦め です。




梅雨時期の頭痛

水湿が血の流れを妨げます

この時期にきおきる頭痛の原因も、湿邪がほとんどです。冷たいものや生ものの食べすぎや偏食がつづくと、からだの中が冷え、脾胃のはたらきが停滞するため、有害な水分である水湿が生まれます。

水湿は体を冷やす作用があり気血の運行を妨げてしまいます。これが原因で頭が痛くなったり、体が重く感じたり、吐き気を伴う症状がでてきます。症状が激しい場合は、回転性のめまいを引き起こします。 治療は余分な水である湿や痰を取り除き、気血の運行をよくし痛みを改善します。

「湿」が体に及ぼす影響

梅雨の頭痛を防ぐ・改善するは?

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

呉茱萸湯(ごしゅゆとう)

こんな症状の方にオススメです

手足の冷える人で片頭痛あるいは頭頂部の痛みの症状に使用します。悪心、嘔吐、首すじからこめかみにかけての凝り、胸部が苦しい、めまい、手足の冷えなどの症状をともないます。
お腹を触って冷たい人には良く合います。

五苓散(ごれいさん))

五苓散(ごれいさん)

こんな症状の方にオススメです

体内の水が過剰な状態の時は排出を促進させ、頭痛を改善します。めまいがあれば、半夏白朮天麻湯を使用します。

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう))

半夏白朮天麻湯(はんげびゃくじゅつてんまとう)

こんな症状の方にオススメです

普段から車酔いの症状があったり、吐き気や回転性のめまいを伴う頭痛に使用します。低下した胃腸機能を高め、めまいや頭痛を改善するのに用いられます。




やる気が出ない…梅雨の気力喪失

やる気が起きない原因は気の不足にあります

日頃から胃腸の調子が悪い人は体に湿を抱えるメカニズムが生じています。湿は体を冷やす性質がありますので、陽気不足になってきます。陽気が不足すると元気がなくなり梅雨の時期には湿邪が体表部から侵入してきます。湿は重い性格ですから体全体が重くなってきます。 気の運行障害が起きていますから気力喪失で元気がなくなってきます。改善策は、消化器の働きをよくし湿をさばき陽気を回復させることです。

やる気が出ない…梅雨の気力喪失



療方健脾顆粒(りょうほうけんぴかりゅう)

療方健脾顆粒(りょうほうけんぴかりゅう)

こんな症状の方にオススメです

胃に冷えがあるため胃腸の働きが悪くなり、水分代謝が悪くなっているために疲れやすい・軟便傾向・みぞおちあたりがつかえるなどの症状が起こります。水分代謝をよくしながら 症状を改善し元気をとりもどします。

人参湯(にんじんとう)

人参湯(にんじんとう)

こんな症状の方にオススメです

お腹の冷えがあって慢性的に胃腸が弱い人の吐き気に使用します。手足や腹の冷え、小便が薄く多量で回数が多い、倦怠感や食欲不振などの症状をもつ人に使います。

療方昇陽顆粒(りょうほうしょうようかりゅう)

療方昇陽顆粒(りょうほうしょうようかりゅう)

こんな症状の方にオススメです

もともと胃腸が弱く、病気による消耗・老化・心労や過労が重なったりしておきる食欲不振に使用します。

玄武温陽(げんぶおんよう)

玄武温陽(げんぶおんよう)

こんな症状の方にオススメです

冷えが強く体が重くむくみがある人の下痢に使用します。1年中冷え性で、・むくみ・尿量減少、不消化下痢、胃腸虚弱、・元気が出ない人に多用します。

ページの上部に戻る

Copyright © Nagae Pharmacy Kugahara All rights reserved.