【漢方薬紹介】小青竜湯(しょうせいりゅうとう)について

気温の変化が激しい時期になり、疲労などによる体調を崩しやすい季節になりました。肉体的な疲労や精神的な疲労でお困りの方は先日ご紹介をさせていただきました鹿茸活腎精錠(ろくじょうかつじんせい)をぜひご利用ください。

気温変化もそうですが、桜の開花などもニュースで登場するなど徐々に春を感じる季節にもなりましたが、 毎年この時期になりますと悩まされる症状が花粉症ではないでしょうか…今回は特に鼻症状を中心におすすめの漢方薬の「小青竜湯(しょうせいりゅうとう)」を紹介させていただきます。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)のお求めはナガエ薬局で!
→クラシエ薬品は顆粒、小太郎漢方製薬の細粒錠剤のタイプとなります。

続きを読む 【漢方薬紹介】小青竜湯(しょうせいりゅうとう)について

【漢方薬紹介】連珠飲(れんじゅいん)「コタロー」について

新型コロナウイルスによる影響が続いていますが、これから生活環境が変わり始める季節でもあります。今年は特にストレスを感じやすかったり、気や血などのエネルギーをいろいろな部分で消耗しやすいかと思います。

そこで今回はエネルギー源(血)の不足を感じている方や疲労による動悸やめまい、息切れなどにもおすすめの漢方薬「連珠飲(れんじゅいん) 」を紹介させていただきます。

連珠飲(れんじゅいん)のお求めはナガエ薬局で!

続きを読む 【漢方薬紹介】連珠飲(れんじゅいん)「コタロー」について

【漢方薬紹介】清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)「コタロー」について

空気が乾燥しやすい時期となりインフルエンザや新型コロナウイルスも流行する季節となりました。風邪などの症状には軽度~インフルエンザの激しい症状まで対応可能な柴葛解肌湯(さいかつげきとう)、喉の痛みを中心とした症状には金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)や銀翹散(ぎんぎょうさん)・冷えを感じる方には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)といった漢方薬がおすすめです。

前回は主に肩の痛みにおすすめの漢方薬として独活葛根湯(どっかつかっこんとう)をご紹介しましたが、今回は主に頭痛や偏頭痛、顔面痛などでお困りの方におすすめの清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) についてご紹介いたします。

清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) はぜひナガエ薬局でお求めください!
→ 清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」

続きを読む 【漢方薬紹介】清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)「コタロー」について

【漢方薬紹介】独活葛根湯(どっかつかっこんとう)「コタロー」について

急激な気温の低下などにより寒さの到来を感じる時期になりました。寒さや気温の変化は風邪やインフルエンザなどの原因にもなってしまいます。手足の冷えを感じる風邪や吐き気には玄武温陽(げんぶおんよう)、冷えを感じる方には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)、喉の痛みに金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)・銀翹散(ぎんぎょうさん)・軽度の感冒~インフルエンザには柴葛解肌湯(さいかつげきとう)などの漢方薬がおすすめです。

他にも冷えによる原因の1つとなるのが痛みではないでしょうか。主に下肢の痛みを感じる方には独活寄生丸(どっかつきせいがん)を以前にご紹介しましたが、今回は冷えなどによる肩こりの痛みにおすすめの独活葛根湯(どっかつかっこんとう)についてご紹介いたします。

独活葛根湯(どっかつかっこんとう) はぜひナガエ薬局でお求めください!
→ 独活葛根湯(どっかつかっこんとう) エキス細粒G「コタロー」

続きを読む 【漢方薬紹介】独活葛根湯(どっかつかっこんとう)「コタロー」について

【漢方薬紹介】女神散(にょしんさん)「コタロー」について

先週あたりから気温が急激に冷え込みが始まり、いきなり寒いと感じる時期になって参りました。身体を温める漢方薬の麻黄附子細辛湯や以前よりエコカイロとして人気がございますハクキンカイロを販売させていただいておりますが、とても好評をいただいております。 この時期は喉の痛みに金羚感冒錠(きんれいかんぼうじょう)銀翹散(ぎんぎょうさん)・軽度の感冒~インフルエンザには柴葛解肌湯(さいかつげきとう)などの漢方薬がおすすめです。

今回は柴葛解肌湯(さいかつげきとう)を誕生させた浅田宗伯氏が名付けた漢方薬で元々は別の名称で呼ばれてきた漢方薬が女性特有の症状を中心にのぼせやめまいを伴う更年期障害や神経症に効果のあった事から名付けた女神散(にょしんさん) について紹介いたします。漢字を拝見しますと「めがみさん」と読みたくなりますが、「にょしんさん」の誤りとなりますのでご注意ください

女神散(にょしんさん)はぜひナガエ薬局でお求めください!
→ 女神散(にょしんさん)エキス細粒G「コタロー」

続きを読む 【漢方薬紹介】女神散(にょしんさん)「コタロー」について

【お知らせ】サイボック「コタロー」につきまして

いつもナガエ薬局をご利用いただきまして誠にありがとうございます。当店で取り扱いを行なって参りましたサイボック「コタロー」についてでございますが、サイボックN「コタロー」にてリニューアルとなりますのでご案内いたします。なお、価格に変更はございません。

→ 新しくなったサイボックN「コタロー」のご注文はこちら

続きを読む 【お知らせ】サイボック「コタロー」につきまして

【漢方薬紹介】補気建中湯(ほきけんちゅうとう)「コタロー」について

暑さが継続してしまい、汗をかいてしまったり身体も疲れやすくなる季節となって参りました。暑い時期には主に生脈散(しょうみゃくさん)清暑益気湯(せいしょえっきとう)など暑さにおすすめの漢方薬もおすすめではございますが、秋の時期になりますとなぜか食欲不振や疲労倦怠感が出てしまう方も多いのではないかと思います。

夏から秋の変わり目の季節には足に浮腫(むくみ)が出てしまったり、お腹がなんとなく水っぽい張りなどの腹部が膨らんだ状態(腹部膨満感や腹水)といった症状がが気になる方も多い時期でもございます。今回は元気がなく、浮腫や腹水などによって膨満感を感じてしまう食欲不振や疲労倦怠におすすめの漢方薬「補気建中湯(ほきけんちゅうとう) 」を紹介させていただきます。

補気建中湯(ほきけんちゅうとう)のお求めはナガエ薬局で!

続きを読む 【漢方薬紹介】補気建中湯(ほきけんちゅうとう)「コタロー」について

【お知らせ】ノーザV「コタロー」につきまして

いつもナガエ薬局をご利用いただきまして誠にありがとうございます。当店で取り扱いを行なって参りましたノーザV「コタロー」についてでございますが、ノーザVN「コタロー」にてリニューアルとなりますのでご案内いたします。なお、価格に変更はございません。

→ 新しくなったノーザVN「コタロー」のご注文はこちら

続きを読む 【お知らせ】ノーザV「コタロー」につきまして

【漢方薬紹介】柴葛解肌湯(さいかつげきとう)「コタロー」について

初雪なども各地で観測されたりと冬の寒さを本格的に感じる季節になりました。気温も急激に下がる事で身体も冷えやすくなってしまいます。また、冬の時期になりますと本格的に風邪やインフルエンザなども流行り出したりもしてしまいます。

今回は冬の時期に流行りがちなインフルエンザや風邪などの症状で用いられる漢方薬の柴葛解肌湯(さいかつげきとう) についてご紹介します。

スペイン風邪が流行した際に浅田宗伯先生の弟子・木村博昭先生が初期から高熱を出してしまっている方に対して柴葛解肌湯(さいかつげきとう)を使用して死者を出さなかったという逸話もあります。

柴葛解肌湯(さいかつげきとう)のお求めはナガエ薬局で!

続きを読む 【漢方薬紹介】柴葛解肌湯(さいかつげきとう)「コタロー」について

冬の食べ物と漢方薬について

気温も徐々に下がり、身体もブルっと寒気を感じる事が徐々に増える日が多くなってきました。また、お風呂から出た際に起きやすいヒートショックなどもニュースで取り上げられたりしているのを見聞きしますといよいよ冬を感じる季節ではないでしょうか。

そこで今回は冬におすすめの食べ物や漢方薬についてご紹介したいと思います。

続きを読む 冬の食べ物と漢方薬について