ズーラシアへ行ってきました

サンシュユ

先日になりますが、ふとした拍子に動物園へ行こうという事でズーラシアへ行ってきました。ズーラシアは市民公募によって選ばれた名称ですが、正式名称は横浜市立よこはま動物園と呼ばれ、約53.3haの大きさと日本最大級の動物園になっています。マザー牧場は約250haの大きさですね・・・

ゾウ、カンガルー、クマやトラ、ライオンやマレーバク、オカピーなどの希少動物など数多くの動物がいます。ただ、ズーラシアには動物以外にも様々なオブジェや物が展示されています。動物園なのにと思われるかもしれませんが、色々と見落としがちですが身近な物があったりします・・・ただ、薬局という職業柄・・・ついつい植物にも目が行ってしまいまして・・・その中でも意外な植物を見つけました。

サンシュユ

サンシュユの花

まずはサンシュユ(山茱萸)の花です。サンシュユ(山茱萸)は花や果実があり、ナガエ薬局でも果実ですが山茱萸の原形として販売しています。漢方薬でナガエ薬局で取り扱っている牛車腎気丸知柏地黄丸八味地黄丸六味丸などに含まれ、生薬としては眩暈、腰や膝がだるく無力の方を中心に使用されています。写真を撮ったのですが日光の日差しがまぶしく綺麗に撮影が残念ながらできませんでしたが、黄色っぽい綺麗な花を咲いていました。秋には紅葉も楽しめるという事ですので季節の変わり目に楽しむことができますね。

芍薬(シャクヤク)

芍薬(シャクヤク)の葉

シャクヤクは葉を見ることができましたが、花は初夏という事なのでもう少し先ですね・・・ボタン科という事なので初夏に見に行くと綺麗な牡丹のような大きい花を咲かせてくれると思います。シャクヤクは種類がありますが、ナガエ薬局でも白芍の根にある外皮を取り除いた大潟芍薬(オオガタシャクヤク)として販売しています。ナガエ薬局で取り扱っている漢方薬でも足が吊る方におすすめな芍薬甘草湯や冷え性+貧血の方におすすめな当帰芍薬散、便秘薬で有名な麻子仁丸などを中心に多くの漢方薬に含まれています。

ナンテン

ナンテンの花です。

ナンテンの花です。南天のど飴という商品名を聞いたことがあるのではないでしょうか。残念ながら2016年3月現在では自主回収になってしまっている部分もありますが、あまり南天がどのような植物なのか・・・と気にされることも無いかもしれませんが、綺麗な植物です。植えられている場所がトイレの前という事で少し残念な部分もありますが、今の時期には非常に綺麗な白の花を咲かせていますのでおすすめです。

意外と動物園でも漢方や生薬に触れることができる植物が咲いているのですね。是非行かれた際には注意深く見てみると意外な発見が他にもあるかもしれません。もちろん動物も見所が満載で子供も遊べる場所などもありますのでおすすめです。

ズーラシアの入園料は大人800円、小中学生は200円、高校生は300円、駐車場が1000円で約2200台収容できるという事ですのでぜひ一度行かれてみてはいかがでしょうか。年間パスポートも2000円ですので何回も行かれる方はおすすめです。

こちらの記事もいかがですか

SNSでもご購読できます。