マザー牧場とラム肉(羊肉)について

マザー牧場の景色

先日になりますが、お休みを利用してマザー牧場へ行ってきました。行く予定を立てた際には雨の予報だったのですが、行く日になると天気も曇りに変更になっていましたので行ってきました。

マザー牧場といえばマザー牧場では様々なイベントなども開催されていまして、アグロドームではショーが開催されていたり、うまモルタッチや乳搾り体験などのふれあい体験、キウイフルーツ狩り、さつまいも掘り、こぶたのレースなども開催されています。

マザー牧場へは何度も行ったことがありましたが、今回は夜間に開催中のイルミネーション「光の花園」も見てくることができました。

ショーとライトアップ

マザー牧場では様々なショーやライトアップ、ふれあい体験なども開催されていますが、今回は牧羊犬とまきばの仲間たち(羊飼いとたくさんの仲間たちと登場するショー)とシープショー(特徴のある19種類の羊たちの紹介や羊の毛刈りなどを見ることができます)を見ました。

中でも衣類のみならず、健康食品(サプリメント)の商材で使用されている羊や化粧品で使用されているなどの紹介もありましたので今まで聞いたことがありませんでしたので勉強になりました。

光の花園

「光の花園」はイルミネーションで夜間になるとオブジェにあるライトがライトアップされ、お昼には見れなかった幻想的な光のオブジェなどを見ることができます。

マザー牧場で開催中のイルミネーション「光の花園」

マザー牧場で開催中のイルミネーション「光の花園」

暗くなりますのでライトアップがその分だけ綺麗に点灯しますので離れた場所から見ていても凄く綺麗です。アグロドーム内では映像が放映されていますので休まれたい方は中で休まれるのが良いかと思います。

ジンギスカンを食べました

マザー牧場といえばジンギスカンも特徴的ではないでしょうか。マザー牧場ではジンギスカンなども食べることができますのでぜひ食べてみてください。中でもジンギスカンの中でもラム肉(羊肉)は日常的にはなかなか食べることができませんのでおすすめです…

ラム肉にある独特な匂いもあまりせずに食べる事ができますのでおすすめではないでしょうか…っとここまでは良かったのですが、素朴な疑問が生じました…

ラム肉を中医学的に考えるとどうなるんだろう…

実は日本人は肉の臭さなどもありますので、「え~ラム肉かあ」…っと敬遠をされる方も多くおられるかと思いますが、中国人は良くラム肉(羊肉)を食べる習慣があります。良く生薬などで見かける性質:温、性質:寒などといった特性などがありますが、実は食べ物にも同じように性質があります。

中でもラム肉は身体を温める性質(温性)があり、効果としては補体虚(虚弱体質を改善する役割)、祛寒冷(寒さを取り除く役割)、温補気血(身体を温めてエネルギー源の気と血を補う役割)があります。

つまり、身体の冷えを取り除いて身体を温め、不足しているエネルギー源の気と血を補ってくれる食べ物ですので冷え性や疲れを感じている方におすすめできる食べ物です。匂いが生臭い場合には10gの甘草と料理酒(適量)、生姜と一緒に煮る事で取り除く事ができます。

漢方薬でも補えます!

ただ、毎日ラム肉を食べるというのも非常に大変な事ですし、匂いが苦手な方は食べる事ができません。しかも効果には限度があります。その様な場合にはやはり日常的に飲むことができる漢方薬がおすすめではないでしょうか。

特に冬になると女性の方に多いのは冷えではないでしょうか。身体を温めてエネルギー源でもある血を補う役割(補血)がある婦人宝や胃腸を強化して気や血を補う人参養栄湯、エネルギー源でもある気・血を補う役割(補気血)がある加味帰脾湯がおすすめです。

疲れがあって朝起きにくい方はエネルギー源の気が不足している事が多いと言われていますので気を補う役割(補気)のある療方昇陽がおすすめです。また、寝汗や皮膚の症状がある方は補気升陽がおすすめです。

たまに行く場所では違った見方や考え方をしてみると興味深い事が判明したりして勉強になります。今回はラム肉と中医学、マザー牧場の紹介をしました。
以上、ナガエ薬局ブログでした。

こちらの記事もいかがですか

SNSでもご購読できます。