【漢方薬紹介】辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)について

辛夷清肺湯エキス顆粒「クラシエ」

辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)は鼻づまりや頭痛を改善する辛夷(しんい)を中心に鼻炎などが慢性化してしまい、熱感を伴っている状況の鼻づまり、蓄膿症、慢性鼻炎などにおすすめできる漢方薬です。特に鼻に関しては乾燥傾向に用いられますので、膿性の鼻汁や嗅覚障害などにも用いられる場合があります。

こちらの漢方薬はクラシエ薬品と小太郎漢方製薬がございます。

※クラシエ薬品
→ 辛夷清肺湯エキス顆粒「クラシエ」
※小太郎漢方製薬
→ 辛夷清肺湯エキス細粒G「コタロー」

熱感を伴っている鼻づまり・蓄膿症・慢性鼻炎に!

主に呼吸を行っている肺に熱が発生してしまう状況(肺熱)が影響し、肺の症状が出やすい鼻の粘膜が水ぶくれの様になり、それが大きくなることで鼻孔を閉塞して空気の通りを悪くしているものを治す漢方薬です。

主に鼻炎や蓄膿症(副鼻腔炎)の慢性化や反復する、鼻粘膜が乾燥して熱感があある、 鼻の粘膜の炎症でできる腫れ(鼻茸:びじょう)、ポリープによる鼻づまりなどに用いられる漢方薬です。

鼻の症状以外にも清肺湯が含まれていますので肺を潤して咳を止める(潤肺止咳)の効果がありますので咳、黄色い痰、痰が少ないなどの症状が出やすい状況(肺熱)や肺燥、気管支炎などにも用いる事ができます。

処方解説

鼻づまりを改善して頭痛を和らげ、膿性鼻汁を軽減させる作用(辛温解表・通竅)がある辛夷(シンイ)、炎症や熱感を鎮めて化膿を改善する作用(清熱解毒)がある黄芩(オウゴン)、山梔子(サンシシ)、知母(チモ)、石膏(セッコウ)、升麻(ショウマ)、痰を取り除いて肺を潤す作用(潤肺化痰)がある白合(ビャクゴウ)、麦門冬(バクモンドウ)、枇杷葉(ビワヨウ)を配合しています。

また、枇杷葉(ビワヨウ)は痰を潤して切れやすくする事で鎮咳に働きます。白合(ビャクゴウ) は鎮静・消炎・鎮咳、 麦門冬(バクモンドウ)は解熱・消炎
・鎮咳 に効果があり、2種の生薬は滋養強壮作用によって粘膜を潤して鼻汁や痰の排泄を促す作用もあります。

主に蓄膿症や慢性鼻炎で炎症や粘膜の萎縮・熱証の状態に用いられる漢方薬です。中国では主に肺と胃の熱を冷ます役割(清肺胃)、解熱して毒を取り除く作用(解热毒)などに用いられています。

生薬構成

似た症状がある場合…

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

アレルギー性鼻炎や花粉症に用いられる代表的な漢方薬の1つです。主に水のような薄い鼻水や痰、咳が出る場合や感冒におすすめの漢方薬です。こちらの漢方薬は細粒錠剤もございます。

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

蓄膿症や慢性的な鼻炎がある方で鼻の通りが悪くなったり、詰まっている場合におすすめの漢方薬です。後頭部の痛みにも用いられています。こちらの漢方薬は錠剤もございます。

荊芥連翹湯(けいがいれんぎょとう)

熱によるかゆみを伴った慢性鼻炎・蓄膿症、皮膚や粘膜が浅黒くて過敏な方、中耳炎・ニキビや扁桃炎・扁桃肥大などでお困りの方におすすめの漢方薬です。こちらの漢方薬は細粒錠剤もございます。

慢性的な鼻炎、などに!

こんな症状はありませんか?

  • 膿性鼻汁・鼻閉・鼻ポリープでお悩みの方
  • 口渇・嗅覚障害がある方
  • 粘り気のある痰、激しい咳、 咽頭痛がある方
  • 熱感・熱証・乾燥などで主に鼻などの影響を受けやすい方

熱感のある鼻づまりや鼻炎が慢性化してしまう事で乾燥が進んでしまっている方、鼻を触ると熱感がある方を中心に肺に熱がある状態(肺熱)や肺の乾燥(肺燥)などによって咳き込んでしまう方にもおすすめの漢方薬です。

ぜひ辛夷清肺湯(しんいせいはいとう)をご利用下さい。こちらの漢方薬は細粒もございます。

こちらの記事もいかがですか

SNSでもご購読できます。