【漢方薬紹介】清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)「コタロー」について

頭痛や頭重などの症状を中心に三叉神経痛や顔面痛などにも用いられる漢方薬「清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)」について紹介しています。

清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」

空気が乾燥しやすい時期となりインフルエンザや新型コロナウイルスも流行する季節となりました。風邪などの症状には軽度~インフルエンザの激しい症状まで対応可能な柴葛解肌湯(さいかつげきとう)、喉の痛みを中心とした症状には金羚感冒散(きんれいかんぼうさん)や銀翹散(ぎんぎょうさん)・冷えを感じる方には麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)といった漢方薬がおすすめです。

前回は主に肩の痛みにおすすめの漢方薬として独活葛根湯(どっかつかっこんとう)をご紹介しましたが、今回は主に頭痛や偏頭痛、顔面痛などでお困りの方におすすめの清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) についてご紹介いたします。

清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) はぜひナガエ薬局でお求めください!
→ 清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)エキス細粒G「コタロー」

頭痛や偏頭痛・機能性頭痛などの症状に!

清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) は名称の中に蠲(けん)と痛(つう)いう文字がある様に痛みを除き去るという意味があります。寿世保元という原典の頭痛門には「一切の頭痛を治する主方で左右・編正・新久を問わず皆効あり」として頭痛全般に用いてみてもある一定の効果が期待できる漢方薬として紹介されています。

頭痛以外にも目がチカチカしてしまう、目の症状が主にある状態での頭痛などには優れた効き目(卓効)があり、首より上を中心として起きる痛み(三叉神経痛・眼痛・歯痛など)、寒冷によって起こる顔色不良や脚が冷えて夜間に悪化する顔面痛、難治性の頭痛などにも用いられています。

効能効果

体力に関わらず使用でき、慢性化した痛みのあるものの次の諸症:頭痛、顔面痛

処方解説

エネルギー源の気が停滞している状態(気滞)、血に滞りがある状態(瘀血)、身体に水が溜まってしまっている状態(水毒)、冷えによる状態(寒証)が原因の慢性的に痛みが続いている状態(疼痛)を中心とした頭痛におすすめです。

蒼朮(ソウジュツ)・独活(ドッカツ)が風と湿を発散させ、当帰(トウキ)・川芎(センキュウ)が血行を改善して痛みを止めます。風を散らしてエネルギー源の気を巡らせ、水湿を取り除く細辛(サイシン)・防風(ボウフウ)・川芎(センキュウ)・羗活(キョウカツ)・独活(ドッカツ)・(ソウジュツ)、気を下に引き下げる麦門冬(バクモンドウ)、頭部の血流を改善する白芷(ビャクシ)・菊花(キクカ)・当帰(トウキ)、裏熱を抑える黄芩(オウゴン)、身体の内にある寒(内寒)を改善する細辛(サイシン)・当帰(トウキ) ・川芎(センキュウ)・生姜(ショウキョウ)を配合しています。

これらの生薬によって風を取り去ってエネルギー源の気を巡らせながら引き下げて水湿を改善した上で頭部の滞留している血(血滞)を巡らせながら身体の中にある寒(内寒)を取り除く、処方のほとんどが鎮痛薬とも言える漢方薬です。

生薬構成

頭痛や顔面痛、首より上に起こる痛みの症状に!

  • 頭痛、偏頭痛でお悩みの方
  • 顔面痛、三叉神経痛などでお悩みの方
  • 首より上の部位で痛みを中心とした症状でお悩みの方
  • 頭痛以外にも目の痛みやチカチカするなどの症状もある方
  • 目の痛みにお悩みの方

頭痛にも風邪を引いてしまった際や原因不明の頭痛、偶発的に発生する頭痛(機能性頭痛)まで色々な種類がありますが、清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう)はそれらの症状全般に用いる事ができる漢方薬です。 また、中年以上の婦人の方を中心としたのぼせや頭重、気が滅入る方にもおすすめです。

ぜひ頭痛や偏頭痛、顔面痛、目の痛みなどでお悩みの際には清上蠲痛湯(せいじょうけんつうとう) をご利用ください。

似た症状がある場合

釣藤散(ちょうとうさん)

後頸部から天頂に起こる頭痛で高血圧の方や早朝に起こる頭痛におすすめの漢方薬です。頭痛以外にも耳鳴りや目眩、肩こりといった症状があり、頭痛はあまり激しくなかったり、たまに起こる感じや頭重に近い症状がある方にもおすすめです。

療方調血(りょうほうちょうりゅう)

微少血管の血流が悪くなって停滞している状態によって発生した瘀血を改善する事で頭痛や頭重などの症状を改善する漢方薬です。 主に月経痛などの付随症状として出やすい頭痛(生理時の頭痛)におすすめです。

苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)

日常的にめまいや立ちくらみなどの症状や身体の中にある水分の代謝が悪くなって発生している状態(水毒)と共に発生する頭痛におすすめの漢方薬です。めまいやたちくらみ以外にも不安感などから発生する頭痛などにもおすすめです。

冠心逐瘀丹(かんしんちくおたん)

主に肩こりの症状がある方で頭痛や頭重といった症状もある方や中高年世代の方や高血圧傾向の方を中心した頭痛、頭重、肩こり、めまい、動悸、冷えなどの症状におすすめの漢方薬です。

療方調流(りょうほうちょうりゅう)

お酒の飲み過ぎなどといった二日酔いによる頭痛、喉の乾きや尿量が少ない方や水様性の下痢、胃腸炎、暑気あたりなどといった胃腸の症状に付随して起こる頭痛におすすめの漢方薬です。

他の漢方薬もございます!

ナガエ薬局ではコタロー(小太郎漢方製薬)クラシエ薬品の漢方薬などの取り扱いを行っておりますのでぜひご利用ください。漢方薬をお探しの場合には漢方薬名(ひらがな可)でもご検索頂けます。